原子力用遮蔽部品

遮蔽衝立
鉄板で外装を施し、内部に鉛を充填したもので局部近接遮蔽用として便利でどこへでも移動できる様、自在車輪を有しております。また、床面の固定も可能です。
主な用途 X線・γ線遮蔽
導入事例 各種大学・研究所・病院等
鉛溶接工法
鉛形状により折り曲げ加工ができない場合、鉛と何里の溶接工法により、放射線の漏洩を防ぎます。
鉛ホモゲン工法
鉛と鉄(ステンレス含む)を接着剤による接着に比べ、より強力に接合する工法で、接合強度の必要な箇所や、鉛板厚が厚くなる場合に有効です。

製品・サービスのお問合せはこちら
資料請求のご依頼はこちらから

お問い合わせメールフォーム

資料請求メールフォーム

鉛について Q&A


ページのTOPへ戻る

ヨシザワLD株式会社
〒574-0052 大阪府大東市新田北町2番20号 TEL:072-871-2000 / FAX:072-873-2632
Copyright(c) yoshizawa-ld.co All rights reserved.