X線シールド

シールドボックス

●鉛板製造メーカーとして、鉛板の製造からシールドパネル・ボックスの完成まで一貫した製作を行います。

●鉛板と貼合材の溶接に、接着剤を用いる従来の接合工法の他に、接合強度の高い特殊溶接技術(鉛ホモゲン工法)を行うことが可能です。

●複雑な形状部分のX線漏洩を防止する為の、鉛溶接工法を行うことが可能です。

仕様表を見る
主な用途 X線遮蔽
導入事例 マイクロフォーカスX線検査装置異物混入検査・溶接検査・微細精密検査 等
鉛溶接工法
鉛形状により折り曲げ加工ができない場合、鉛と何里の溶接工法により、放射線の漏洩を防ぎます。
鉛ホモゲン工法
鉛と鉄(ステンレス含む)を接着剤による接着に比べ、より強力に接合する工法で、接合強度の必要な箇所や、鉛板厚が厚くなる場合に有効です。

製品・サービスのお問合せはこちら
資料請求のご依頼はこちらから

お問い合わせメールフォーム

資料請求メールフォーム

鉛について Q&A


ページのTOPへ戻る

ヨシザワLD株式会社
〒574-0052 大阪府大東市新田北町2番20号 TEL:072-871-2000 / FAX:072-873-2632
Copyright(c) yoshizawa-ld.co All rights reserved.